北欧住宅の機能性

北欧住宅の素朴でナチュラルなデザインは、輸入住宅の中でもすごく人気のあるデザインだといわれています。
しかし、人気が高いのは、デザインだけではないのです。

北欧では、厳しい冬の寒さに耐えるために、非常に高性能な高気密高断熱の住宅に作られています。

日本で販売されている北欧の輸入住宅には、柱の外側に断熱材を張り、断熱性を高める外断熱と、柱の内側に断熱材を貼るうち断熱とを併用して建てられる住宅もあります。

暑い夏には涼しく、寒い冬には温かくすごすことが出来るのです。
電気代の心配も減り、エコにもつながるところはすごく魅力的だといってもいいのではないでしょうか。

そのほかにも、日本の住宅では見られない設備も用いられており、木製で三層に重ねられた窓ガラスなんかはまさに輸入住宅ならではの設備だといわれています。

どのような機能を求めているかによって、設計の仕方が変わってきます。
事由設計を選んで、自分の住む地域に適した作りにするといいですね。